オールオンスカルプの安全な解約方法と注意点

結論から言えばオールオンスカルプは1回で解約可能ですが、ある注意点に気をつけないと1回では解約できないケースもあります。

また、その他の気をつけておきたい点についても紹介します。

定期購入と解約について

そもそも解約というのは定期購入の契約をしてしまうから必要になるのですが、オールオンスカルプに限らず育毛剤は定期購入した方が良い事情がありますよね。

定期購入と割引はセットになっている

育毛剤なら、オールオンスカルプに限らず使い始めてからどれほどの期間で効果が出るかについて、結構な個人差があります。

そのため、多くの育毛剤は全額返金保証をつけたり、定期購入の1回目の価格を採算度外視の低価格に割り引いたりしています。

オールオンスカルプも例に漏れず、全額返金保証があり、定期購入の1回目が1480円とかなり安くなってます。

93%OFFなので、やはり採算度外視の割引になってますね。

ただし、ほとんどの育毛剤は割引や全額保証と定期購入がセットになっています。

定期購入である程度の期間利用してもらえる期待の代わりに割引してもらえます。

メーカには定期購入してほしい事情がある

採算度外視の割引をしてまで、定期購入してほしい裏側にはメーカーの事情もあると思います。

穿った見方をすれば、解約忘れを狙っているとか、数値目標だけ達成したいとかあるかもしれませんが、やはり育毛剤はすぐには効かないというのが大きいかと思います。

なので、定期購入してくれた人にこれだけ割引するのは、せっかく使うからには数ヶ月は使ってから評価してほしいというメーカーの思いがあるのでしょうね。

というのも、口コミ評価で売り上げが大きく左右されるでしょうから、1ヶ月だけ使って効かなかった口コミが増えるのは避けたいでしょうしね。

中には解約できない問題になるケースもある

ただ、中には見かけの割引で釣って解約できない定期購入をさせることが問題になっているケースも多々あります。

育毛剤関連ではオールオンスカルプに限らず以前から問題が少なかったですが、健康食品特にダイエット関連で多いのが、回数縛りという落とし穴です。

定期購入の1回目はワンコインぐらいの衝撃価格にしておいて、読めないぐらいの小さな文字で「ただし4回の購入が必要」などと書いてあるケースです。

こうした騙しの解約できない定期購入は問題になっています。

オールオンスカルプは1回で解約できる?

オールオンスカルプの割引価格も定期購入した場合の価格ですが、定期購入といっても上記のような回数縛りはなく、1回購入して中止や停止する事もできます。

ただし、どんな場合でも1回で解約できるわけではなく、ちょっとした注意点があります。

この点を誤ると1回で解約できないケースもあるので要注意です。

ある注意点を見落とすと1回で解約できない

ある注意点とは、解約の連絡をする期限です。

解約の電話連絡は、遅くとも次にオールオンスカルプが届く予定日から10日前までにする必要があります。

というのも、商品発送の10日前を過ぎてしまうと、発送処理がされる関係で、解約が難しくなります。

10日前までに、次の方法で確実に解約の連絡をしてください。

オールオンスカルプの解約方法

オールオンスカルプの解約方法は、電話連絡です。

ただし、オールオンスカルプは人気商品なので、なかなか電話が繋がらないことも十分考えられます。

またほとんどの場合は、電話の受付時間が平日のみで、夜遅くまでは受け付けていないので、余裕を持って連絡をしてください。

その他の、解約に関する注意点は、後ほどくわしく説明します。

解約の注意点

解約時に、「解約したい」という内容だけをメールで連絡するケースもありますが、入力フォームに必要事項を入れるケースも場合も多いのです。そのためには購入者番号やメールアドレスなど、どの情報が必要かあらかじめ把握しておくことは大事です。

お金が戻ってくるクーリング・オフ制度がない通販は、買い手の都合で返品が出来るかどうか、返品にかかる際の送料負担などの条件(返品特約)は、表示内容に従うことになります。
継続購入を前提とした初回価格の安い商品は解約したいと思った際にそれまでの購入回数によらず解約できるものもあります。購入回数を決められていなければもしも合わなくても好きなときに解約ができるため、初回購入時の低価格のみで試せて安心できますね。通販には、クーリング・オフ制度がないと言いましたが、返品特約が書かれていないときには、商品到着後8日間以内であれば、買い手が送料を負担して返品をすることができます。

決められた期間ごとに購入されるサービスの品物の場合、始めて買う場合には大体値段が安くなっているのです。しかし購入の契約を辞めたいと思った場合4回の購入が必須などの契約が多く色々トラブルの出る原因になっているのです。
初回購入時のお得感に惹かれて申し込んだが、気に入らなかったので高い出費になっ立というのも決して少なくありません。
解約に回数縛りがあると掲載されている商品でも、実際に解約の相談をすると意外にも、たった1回しか契約していないのに、解約できた、という事例が存在します。

利用者の継続回数を把握するのにも時間と手間を要するため、適当な回数をひとまず決めておき、つづけるかどうかの判断はお客さんしだい、という考え方です。
しかし、日本人は実直で「〇回縛り」と書いておけば、日本人はバカまじめにそれに従ってくれますから、このようなやり方でも成立するのかもしれませんね。

同じ商品を公式販売サイト以外に、たとえばAmazonや楽天のようなサイトで買ったケースでは、返金保証期間が長い等の特別な解約条件が掲載されているのは公式サイトのみという場合が多いです。楽天やアマゾンのポイントを使うよりも利点が多く解約できる方は得なので条件等をよく考えた上でどのサイトから購入するのかを決める方が良いでしょう。

解約には解約フォームからの連絡が必須という場合も多いことがありますが、「解約フォーム」はどこにあるのですか?全くわかりません。

教えて欲しいです。

とのお悩みも多数寄せられます。解約し立つもりで解約できてないケースとして、正式な解約フォームではなく、商品紹介等の一般のブログ用フォームに入力してい立という場合が多くあるようです。
解約の回数縛りがない商品でも、いざ解約の手続きをしようとしたら考えても居なかったトラブルに巻き込まれることがあります。

スムーズに解約できるかは実際にその商品を購入し、解約をした人の評価を見てみることがベストの選択です。購入する前に、解約しやすいかどうかに関する口コミを見てみるととても役立ちます。

インターネット通販などの通信販売には、クーリング・オフが効かない事があります。
それはどのような所以においてなのかというと訪問して販売する方法や電話で勧誘して販売する方法とは違って、強要度合いが低く、自分の意志で契約し立と考えられるとして無理やり買わされた時のためのクーリング・オフ制度は使えないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です